時々刻々…市議選告示「苑長!苑長!!」(4日目):はなめいと|岩手県花巻市のコミュニティ

はなめいと|岩手県花巻市のコミュニティ
時々刻々…市議選告示「苑長!苑長!!」(4日目)


 

 「苑長!苑長!!苑長〜っ!!!」―。のぶ君やてる君が一斉にそう叫びながら、飛び出してきた。みきちゃんやきくよちゃんの姿も…。私は以前、この施設の施設長だった。あれから12年。みんな同じ年かさを重ねたが、今も「苑長」と呼んでくれている。私は不覚にもボロボロと涙をこぼしてしまった。

 

 この日、私は花巻南温泉郷の入り口に当たる障がい福祉サ−ビス事業所「こぶし苑」の前で、マイクを握っていた。新聞社を退社後、この福祉の現場に飛び込んだのは18年前の平成16年3月。6年あまり、福祉という未知の分野で新しい体験をした後、平成22年7月、「アラセブ(70歳)、最後の決断」―を掲げて市議に初当選。2期目は「アラセブ、再度の決断」と看板を塗り替えて再選された。このノボリを作ってくれたのは施設の印刷班のみんなだった。敷地内には私が在職中に建設したパン工房「銀の鳩」が健在だった。走馬灯のように当時の思い出が去来した。

 

 「叛逆老人は死なず」―。今回のノボリもここのみんなで印刷してもらった。のぶ君が突然、怒鳴るような声で言った。「オラも父さんも苑長に入れることにしている。んだども、選挙って、必ず当選するとは限らないべ。落ちたら、また苑長として戻ってくればいい。おらはそっちの方がうれしい。だって苑長はずっと、死なないんだから」…。涙が今度はしずくとなって頬を流れ落ちた。

 

 

 

(写真は自分たちが作ったノボリを握り、リ−フレットを手に記念撮影に収まる利用者のみんな=4月20日、こぶし苑の前の広場で)

 


2022.07.20:Copyright (C) ヒカリノミチ通信|増子義久
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※管理者の承認後に反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 40人
記事数
 公開 3,158件
 限定公開 0件
 合計 3,158件
アクセス数
 今日 775件
 昨日 5,355件
 合計 14,310,178件
powered by samidare
system:samidare community