相変わらずの”上から目線”と”責任転嫁”と…上田市長3期目の意気軒昂!?:はなめいと|岩手県花巻市のコミュニティ

はなめいと|岩手県花巻市のコミュニティ
相変わらずの”上から目線”と”責任転嫁”と…上田市長3期目の意気軒昂!?


 

 「市政課題を明らかにする行政報告でも全く触れられておらず、謝罪文にも市長名は登場しない。被災者に対する誠意が感じられない」―。1日から開催された花巻市議会3月定例会の一般質問で、伊藤盛幸議員(市民クラブ)が災害公営住宅(市内上町)に入居する「3・11」(東日本大震災)被災者にかかる「共益費」の過払い問題を取り上げた。この件については当ブログ「『被災者に寄り添う』という“真っ赤なウソ”」(2021年10月11日付)で初めて明らかにし、その後もその問題点を再三、追及してきた。

 

 一階に併設されているコンビニ分(住宅3戸相当)の電気料などを入居者に肩代わりさせていたという驚くべき事態が発生したのは昨年1月。しかし、この不祥事がHPで公表されたのは何と11か月後の昨年12月23日。その後、過払い分を返還するということで、市側は“一件落着”したとしてきたが、伊藤議員は「この間に開催された定例会での行政報告でもこの件については一切、言及がない。しかも、入居者に対する謝罪文は担当課の名前になっている。最終的な責任の所在は市長にあるのではないか」と迫った。耳目を疑ったのは、これに対する市長答弁だった。

 

 「謝罪文を市長名にすべきという点はその通りだと思う」と反省の言葉を口にしたが、後は例の立て板に水のような答弁に終始した。「行政報告の報告事項は新規事業や大型イベントなど条例の定めに従って行っており、今回の案件はこれには該当しない。現場のチェック体制の甘さや上司への報告に手落ちがあったのは間違いない。しかし、人間には誰しも過ちがある。前市政の時代は意図的に上司への報告を怠ったケ−スがあったと聞いているが、私になってからは随分改善されたと認識している」―。「“過払い”という表現を見ても、まるで入居者に落ち度があったみたいだ」と伊藤議員は追い打ちをかけたが、上田市長は「議員の皆さんやマスコミへのリリ―スもきちんとしており、真摯に対応している」と突っぱねた。

 

 さらに、こんな発言も…。「そう言えば、上から目線と受け取られるかもしれないが、こうした姿勢も私の政策面では欠かせない。たとえば、私は実現が難しい案件を大風呂敷に広げたりはしない。市民の判断を促すためには事実に基づいた情報提供こそが大切だと思っている」―。さらに、羽山るみ子議員(花巻クラブ)が北上市と隣接する花南地区に造成が計画されている工業団地について、その経過や今後の見通しをただしたのに対し、上田市長は「この件については以前、別の議員に答弁をしている」と話し、ニヤニヤしながら議場にいた当該議員に対し、”重複答弁”の了解を求めるという、これまた前代未聞の質問権への介入をしでかした。

 

 一事が万事…。米国勤務が長いという上田市長の口からこの日、横文字が頻発した。「最近、スペルがなかなか、出てこなくって…」というあたり、この人らしい権勢欲を誇示したいパフォーマンスか、はたまた、”たそがれ清兵衛”の到来か…。答弁を聞きているうちに「三つ子の魂、百まで」いや、”狂気の沙汰”という言葉が目の前に浮遊した。なお、2月19日付当ブログで、議会傍聴を呼びかける花巻版「見張り番」の設立を提言したが、この日の傍聴者は12人といつもより若干、多かった。

 

 

 

 

(写真は災害公営住宅について、追及する伊藤議員=3月1日午前、花巻市議会議場で=インターネット中継の画面から)

 

 

 

 


2022.03.01:Copyright (C) ヒカリノミチ通信|増子義久
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※管理者の承認後に反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 40人
記事数
 公開 3,144件
 限定公開 0件
 合計 3,144件
アクセス数
 今日 2,800件
 昨日 2,749件
 合計 14,084,162件
powered by samidare
system:samidare community