上田市長が“パワハラ”疑惑を一部肯定!!??共産党議員の質問に:はなめいと|岩手県花巻市のコミュニティ

はなめいと|岩手県花巻市のコミュニティ
上田市長が“パワハラ”疑惑を一部肯定!!??共産党議員の質問に


 

 「(パワ−ハラスメントは)基本的には受け手の感じ方だと思うが、そう感じられた職員がおるのだとすれば申し訳なく思う。たしかに職員に対し、きつい言葉を吐いたこともある。率直に反省したい」―。8日開催の花巻市議会一般質問で、上田東一市長は櫻井肇議員(共産党花巻市議団)の質問に対し、とかくのうわさがあった自らの“パワハラ”疑惑に関連し、消極的ながらその一部を認める答弁をした。私自身も市議在職中に何度かこの問題を取り上げたが「パワハラ」に直接、言及したのは今回が初めて。

 

 桜井議員は「この種の問題は本来、労使間の問題だと思うが、市民の間でもこの疑惑が取りざたされるようになった、質問自体をためらう気持ちもあったが、看過できない関心事となっている。正直な気持ちを聞かせてほしい」と切り出し、一枚の紙を読みながら、こう続けた。「これは職員の方からの訴えだと思うが、市長の職員への理不尽で度を越した叱責で、有能な職員の早期退職や病気休暇(休職)が相次いでいる。何か心当たりはないか」と問いただした。「叱責」を詫びただけの答弁に櫻井議員は「(パワハラは)認めるのか」と食い下がった。冒頭の“消極肯定”発言はそれを受けての答弁で、櫻井議員は「反省したと受け止めた」と釘を刺した。しかし、本人の口から「パワハラ自覚」の発言はなく、相変わらず、強気の姿勢は崩さなかった。

 

 この日は真珠湾攻撃からの「開戦80年」―。前の質問者の答弁の中で、上田市長は農業問題にからめて、「国際協調こそが大切。これがこの日の教訓だと思う」と語った。思わず、のけぞった。まさか、”パワハラ”疑惑のこの人の口から!!!???この件をめぐっては、「花巻市職員の精神疾患による病気休暇(休職)数の増加の事実調査を求める」―陳情書が出されており、10日午前10時から開かれる市議会総務常任委員会で、陳情者による参考人陳述が行われる。

 

 

 

 

(写真は“パワハラ”疑惑を追及する櫻井議員=12月8日午前、花巻市議会議場で。インタ−ネット中継の画像から)

 

 


2021.12.08:Copyright (C) ヒカリノミチ通信|増子義久
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※管理者の承認後に反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 40人
記事数
 公開 3,201件
 限定公開 0件
 合計 3,201件
アクセス数
 今日 2,398件
 昨日 2,652件
 合計 15,099,920件
powered by samidare
system:samidare community