たとえば、戦争を記憶するということ:はなめいと|岩手県花巻市のコミュニティ

はなめいと|岩手県花巻市のコミュニティ
たとえば、戦争を記憶するということ


 憲法公布記念日(文化の日)の3日、塚本晋也監督・主演の映画「野火」(2014年)を盛岡で観た。都合がつかずにこれまで観る機会を逸してきたが、今回は塚本監督のト−クもあるということで必見だと思った。戦争文学の金字塔ともいわれる作家、大岡昇平の同名の作品の映画化で、先行作品としては市川崑監督(1959年)のものがある。先の総選挙で「改憲」勢力が多数を占め、自衛隊の明記など改憲へとひた走る情勢下、観る側が戦争の残酷さを演じる、その当事者に仕立て上げられていくような凄(すご)さを持っていた。「戦争を知らない世代」(戦後生まれ)が81%以上にのぼるいま、「戦争」(歴史)を記憶することの大切さをこの映画は教えている。

 

 「原作はすでに高校時代に読んでいた。30代になって映画化を考えたが、資金面でのびのびになっていた。決断したのは東日本大震災がきっかけだった。3・11は隠されていたすべてのことを露呈した。気がつくと、時代は改憲の動きなどキナクサイ空気に包まれていた。もう、待てないと思った」―。上映後、塚本監督はこう話し、さらに続けた。「戦争の気配を感じるいまだけでなく、戦争が遠ざかった時にもぜひ、見ていただきたい」。ある対談では「狂気そのものをモチ−フにした正気の映画」とも語っている。人間の内面が抱え持つ「不条理」を、塚本監督は描きたかったのだと思う。

 

 原作の舞台は太平洋戦争末期のフィリピン・レイテ島。しかし、映画の中には現地の人がわずかに登場するだけで、相手(米兵)の動きも判然としないうえ、ここがどこなのかという場所の特定もない。「異様にしたたる原生林のものすごく美しい濃い緑と青い空と赤い花、それから水の巨大な奔流…大自然のものすごい営みの大きさと、人間のちっぽけな感じ。その対比を描きたかった」―。塚本監督が意図するようにスクリ−ンに映し出されるのは幽鬼(ゆうき)と化した敗残兵の姿だけである。監督が扮する田村一等兵が飢餓地獄の中で「サルの干し肉」を無理やり、口に入れさせられる場面がある。あとでそれが食うために殺害した“人肉”だとわかり、田村は「狂気」と「正気」の狭間(はざま)を彷徨(さまよ)い続けるようになる。

 

 「何だ、お前まだいたのか。俺が死んだら、ここを食べてもいいよ」と戦友が腹部を指さす。田村一等兵は後ずさりしながら、転がるように逃げ去る。生死の境の中で別の仲間から手榴弾を投げつけられ、肩の肉がちぎれ飛ぶ。その肉片を口に入れ、むしゃむしゃと食べる。大自然に抱かれながら、自分の肉を咀嚼(そしゃく)する、この光景のコントラストにたじろぎながら、思った。「他人との”共食い”(カニバリズム)を拒絶することで、田村は辛うじて正気の領域に止まることができたのではないか」。奇跡的に帰還した田村が食事する場面が最後に出てくる。食べ物を飲み込むたびに後姿が激しく前後する。戦場での極限の飢餓―否、人間の不条理をその背中は物語っている。

 

 「ダ−クツ−リズム」という言葉がある。アウシュヴィッツやチェルノブイリ原発、グラウンド・ゼロ、沖縄戦、東日本大震災と福島原発事故…。大量虐殺や自然災害、戦争やテロなど人類史に刻印された「負の遺産」を巡礼する旅のことを指し、海外では盛んらしい。「記憶と忘却」が背中合わせの関係にあることについては当ブログ(11月1日付)で言及した。ならば、言葉の逆説的な意味で、私たちはあえて「記憶」に屋上屋を重ねる努力をしなければならない。そうしなければ、「半径5メ−トルの幸福」(中村文則著『R帝国』)に安住してしまうことになる。負の遺産だけではなく、文学や映画、演劇なども記憶の層をさらに厚くしてくれる。塚本監督はパンフレットの中で、こう語っている。

 

 「映画は一つの結論に持っていくものではありません。『こんな恐ろしいことになるのは絶対に嫌だから強い国になろう』と思う人がいるかもしれないし、あるいは『こんなことは嫌だから、どうすればケンカせずに話し合いで解決できるか考えたい』と思う人もいるかもしれません。それぞれの自由です。でもこんな恐ろしいことに近づくのは絶対にいやだという大前提は感じて頂きたいです。自分が不条理と思えば思うほど、戦争のことを不条理と思う風潮が消えていく。子どもの時からずっと、戦争はしない方がいいという前提は社会の中で当たり前としてあったはずだったのに…」

 

 忘却に抗(あらが)うためには、ただひたすら記憶し続けるしかない。

 

(写真は映画シ−ンのひとこま。戦争という人間の営為が大自然の中でどんどん小さく見えてくる=インタ−ネット上に公開の写真から)


この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※管理者の承認後に反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 40人
記事数
 公開 2,847件
 限定公開 6件
 合計 2,853件
アクセス数
 今日 1,562件
 昨日 4,497件
 合計 7,482,419件
powered by samidare
system:samidare community