危機管理ゼロ人間が全員集合…自民党女性局とイ−ハト−ブの懲りない面々〜お盆の“悪夢”が再来!?花巻東ナインの「雨ニモマケズ」精神に学べ!!??”エッフェル”騒動が知事選に思わぬ波紋!!!???:はなめいと|岩手県花巻市のコミュニティ

はなめいと|岩手県花巻市のコミュニティ
危機管理ゼロ人間が全員集合…自民党女性局とイ−ハト−ブの懲りない面々〜お盆の“悪夢”が再来!?花巻東ナインの「雨ニモマケズ」精神に学べ!!??”エッフェル”騒動が知事選に思わぬ波紋!!!???


 

 自民党女性局のパリ“観光旅行”が全国民的な批判を浴びているが、その中のひとり地元岩手選出の広瀬めぐみ参議院議員(当選1回)のもうひとつの「危機管理」のなさぶりが新たな”火種”になりつつある。まるで、美食ツア−並みの今回の大名旅行が行われた10日ほど前の7月20日、広瀬議員は花巻市内で開かれた地元県議の総決起集会に来賓として、出席していた。当日は同市内に大雨による洪水や土砂災害への警戒を呼びかける「市災害警戒本部」が開設されていたが、集会はその真っただ中で強行された。

 

 まずは7月21日付の当ブログ「『危機管理』なんて、クソくらえ」の写真の面々をとくと見てほしい。危機管理のトップに立たなけれなならない首長や議員が全員集合という記念碑的な写真である。広瀬議員のほか、個人名はあえて控えるが、その肩書はこの秋の知事・県議選(9月3日投開票)の立候補予定者、それに地元・イ−ハト−ブ花巻の市長と市議会議長などなど。ベルサイユ宮殿などの観光地をめぐった後、よだれが出そうな美味を味わったらしい広瀬議員に限らず、この写真のご仁たちにとってはそもそも「市民の安心・安全」などは口先だけのことらしい。

 

 こんな”低俗”議員を国会に押し上げた責任の一端はむしろ、選んだ側にある。そう、旧統一教会がらみのあの選挙である。そして、まだ1年生のこのひよっこ議員の驕慢(きょうまん)ぶりの中に政治の腐敗のすべてが凝縮されている。あの時の余韻を引きずるようにして、またぞろ選挙の季節が近づいてきた。今度こそ、オメオメ騙(だま)されないように…。以下に戦前の著名な映画監督、伊丹万作の「戦争責任者の問題」(昭和21年8月)の一節を引いておく。

 

 「つまりだますものだけでは戦争は起らない。だますものとだまされるものとがそろわなければ戦争は起らないということになると、戦争の責任もまた(たとえ軽重の差はあるにしても)当然両方にあるものと考えるほかはないのである。そしてだまされたものの罪は、ただ単にだまされたという事実そのものの中にあるのではなく、あんなにも造作なくだまされるほど批判力を失い、思考力を失い、信念を失い、家畜的な盲従に自己の一切をゆだねるようになつてしまつていた国民全体の文化的無気力、無自覚、無反省、無責任などが悪の本体なのである。『だまされていた』といつて平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるだろう。いや、現在でもすでに別のうそによつてだまされ始めているにちがいないのである」―

 

 

 

 

(写真は豪華なフルーツの盛り合わせ。広瀬議員のツイッタ−に一時掲載されたが、今回の騒動の後に削除された=インターネット上に公開されていた写真から)

 

 

 

《追記ー1》〜あぁ、あの“事件”は2年前のお盆の入りの日ー本日「8月13日」のことだった!!??

 

 そういえば、同上総決起大会に選対総括責任者として名を連ねていたのは2年前、岩手県がコロナ緊急事態宣言を発出した盆入りの8月13日、親族らと飲食を共にしていた当時の副市長(その後、辞職)だった。因果はめぐる。いまこの人物、あの時の飲食先の焼き肉店が入居する道の駅の社長の座にちゃっかり、納まっている。ミソもクソも一緒くた。これがイ—ハト−ブ花巻(賢治の理想郷)の実態であることを改めて肝に銘じておきたい。

 

 

《追記―2》〜雨ニモマケズ…花巻東高校が接戦を制し、3回戦へ

 

 ”悪夢”の盆入りの13日、花巻東高校が雨による1時間34分の中断をはさんだ末、郷土の詩人、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」精神を見事に発揮。北北海道代表のクラーク記念国際高校を2対1の接戦で制した。応援に駆けつけた上田東一市長ら上記の「危機管理ゼロ」集団の面々にはこの高校球児の「爪の垢」のひと匙でも煎じて飲んで欲しいものである。その純粋なこころの中には「リスク」回避の要諦がいっぱい、詰まっているはずである。菊池雄星や大谷翔平ら同校卒業生の海の向こうでの活躍ぶりがそのことを見事なまでに証明している。大谷選手はこの日(日本時間14日)、9試合ぶりとなる41号ホームランを放ち、母校の勝利に花を添えた。

 

 

《追記ー3》〜自民党”エッフェル騒動”余話

 

 自民党女性局の浮世離れしたフランス旅行が17日に告示される岩手県知事選に思わぬ波紋を起こしている、と15日付の日刊ゲンダイが伝えた。次期知事選には現職で5選を目指す達増拓也知事(59)と元県議の千葉詢子氏(45)がすでに出馬表明。野党各党が達増知事を支持する一方、自民党県連は千葉氏を全面支援、与野党による一騎打ちの構図となっている。

 

 千葉氏と二人三脚の形で動いてきたのが、渦中の広瀬めぐみ・参院議員。「自民党”エッフェル騒動”が岩手知事選を直撃」という大見出しの記事は、広瀬議員がSNSをストップし、”雲隠れ”していると報じている。さ〜て、告示日にこの人は姿を見せるのか…選挙の関心を別の方向から高めてくれたという点ではある意味、貢献者と言えなくもない(その二人三脚ぶりは7月21日付当ブログをとくと、ご覧じあれ。右の人物にも注目)

 

 

《追記―4》〜知事選両陣営に公開質問状

 

 花巻市内でフェアトレ−ド商品などの販売を手がける「おいものせなか」(新田史実子代表)は次期知事選に立候補を表明している達増拓也・千葉詢子両陣営に対し、各分野にわたる公開質問状を提出。このほど、その回答を得た。新田さんら有志は昨年1月の花巻市長選以降「暮らしと政治の勉強会」を主宰し、「おまかせ民主主義」からの脱却を訴え続けている。質問状への回答やその他のアクセス先は以下の通り。

 

・岩手県知事選候補者に公開質問状と回答仝曲9頁(pdf)

https://oimonosenaka.com/wp-content/uploads/20230816-1.pdf

おいものせなか | Organic, Ecology and Fair Trade (oimonosenaka.com)

おいものブログ:SSブログ (ss-blog.jp)

 

 

 

 

 

 

 


2023.08.11:Copyright (C) ヒカリノミチ通信|増子義久
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※管理者の承認後に反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 40人
記事数
 公開 3,322件
 限定公開 0件
 合計 3,322件
アクセス数
 今日 2,008件
 昨日 3,940件
 合計 17,355,567件
powered by samidare
system:samidare community