夢の図書館を目指して…「甲論乙駁」編(その6)〜高校生がダメなら、今度はお化けとカラス!!??:はなめいと|岩手県花巻市のコミュニティ

はなめいと|岩手県花巻市のコミュニティ
夢の図書館を目指して…「甲論乙駁」編(その6)〜高校生がダメなら、今度はお化けとカラス!!??


 

 私事になるが23年前、42に年ぶりにふるさとに居を定めた際、「早池峰の見える場所」が最終的な決め手になったように今回、新花巻図書館の立地場所についてもその山容が姿を見せた瞬間、「ここしかないな」と思った。悠久の歴史をたたえるこの霊山こそが、我が生を支えてくれる源(みなもと)だというのが頑固なほどの私のこだわりだった。その“借景”が見事なまでの「(総合花巻)病院跡地」への立地をせせら笑う会話が聞こえてきた。

 

 「高校生の説明会の資料なんですけれど、病院跡地はお化けが出るので怖いというのが思いのほかあった。確か盛岡で中央病院が移転した時にその跡地を公園というか、山を作って東屋を作ってというふうになった頃に、あそこに夜に幽霊が出るという都市伝説のようなものが出たのをちょっと思い出したんですよ。なんかそういうのって、今の若い人達もあるんだなっていうのは思いました」―。2月16日開催の花巻市立図書館協議会の会議録の発言に一瞬、虚を突かれた。喫緊の図書館問題について、そのあるべき姿などの「理念」論争を期待していただけに肩透かしを食らった思いがしたのである。図書館司書の肩書を持つその女性はこんな発言もしていた。

 

 「(病院跡地に隣接する)まなび学園の近くに住んでいらっしゃる議員さんがおりまして、その方がカラスの問題について言っていたんです。『市役所のあの辺、カラスのフンの被害がすごい』―そういうことを聞きまして、初めてそういったことを聞いたので、そういった問題も含めて考えてもらえればなというのは思いました」(会議録から)―。まるで、井戸端会議のやり取りのような発言を読んでいるうちに、ちょうど3年前(2020年2月26日開催)の同協議会の光景を思い出した。上田東一市長自身がその後、白紙撤回することになる「住宅付き図書館」の駅前立地構想について、その時の協議会は「異議なし」で承認した。

 

 「新図書館構想に“お墨付き”を与えた組織の実態はまさに追認機関そのものだったことが白日の下にさらされた。逆に言えば、こうした“図書館人脈”のお墨付きをアリバイ的に利用しようという当局側の魂胆も浮き彫りになった。いまとなっては、最初から『異議なし』委員を選出していたのではと皮肉のひとつも言いたくなる」―当時の当ブログにはこんな記述が見える。現在、市側が第1候補に挙げるJR花巻駅前立地について、高校生などの賛成が多いというデ−タをめぐっては統計学的な根拠が薄い「恣意性」を指摘してきたが、今度は「お化けとカラス」の登場である。

 

 発言者の意図をあれこれ詮索(せんさく)したり、揚げ足を取るつもりはないが、結果として「病院跡地」へ負のイメ−ジを植え付けたのはまちがいない。「歴史と風土が一致した病院跡地に新図書館を」―という市民の声は日増しに強まっている。図書館の“本家筋”に当たる図書館協議会の面々には“都市伝説”にうつつを抜かすのではなく、本物の図書館論議に取り組んでほしいものである。背後にどす黒い利害関係が存在するのなら別だが、なぜこれほどまでに「駅前」立地にこだわり続けるのか―私にとってはもはや、ミステリ−以外の何物でもない。

 

 

 

 

(写真は白雪をいただいた霊峰・早池峰山。立春を迎えて黒い地肌も見え始めてきた。まなび学園からの遠望、手前が病院跡地=1月初旬の厳冬の雄姿)

 

 

 


2023.03.24:Copyright (C) ヒカリノミチ通信|増子義久
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※管理者の承認後に反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 40人
記事数
 公開 3,235件
 限定公開 0件
 合計 3,235件
アクセス数
 今日 2,659件
 昨日 2,997件
 合計 15,698,216件
powered by samidare
system:samidare community