「天蚕」:やまがたへの旅/観光協会

やまがたへの旅/観光協会
「天蚕」


皆さん、この写真を見てなんだかわかりますか?

これは天蚕の繭です。

繭から生糸にするまでの作業を見学させてもらいました。

繭はほぐれやすくなるようにお湯で煮てから1つ1つ手で紡いでいきます。

その数およそ4000個。

見ている方は気の遠くなるような作業でしたが、皆さん楽しそうに喋りながら、しかし手は止まることなく作業していました。
すごい。

天蚕糸は見ての通り萌黄色で光沢があるのが特徴。

しかし、天蚕は非常に繊細な生き物なため、飼育にはかなりの手間と細かな配慮が必要となり、病気などでたちまち糸が取れないという事態も少なくありません。

そのためとても貴重で高価な” 糸 ”として知られています。

ゆえに天蚕糸を用いた着物は大変高価な1品となります。

白鷹町深山地区で作られた天蚕糸は反物になってから「銀座もとじ」様へ。

白鷹の天蚕を紹介して頂いておりますので載せさせて頂きます。


2017.09.08:Copyright (C) 白鷹町観光協会
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※投稿後すぐに反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

参加者数
 合計 37人
記事数
 公開 3,056件
 限定公開 1件
 合計 3,057件
アクセス数
 今日 330件
 昨日 522件
 合計 646,018件
powered by samidare
system:samidare community