一流の気くばり力:壱岐産業

壱岐産業
一流の気くばり力


 

微差が大差を生む、というのは日頃感じていることです。

 

気くばり力というのも、50年以上生きてきていますから、まったくできてないわけでは

ないと思いましたが、微妙に足りない部分が何なのかを知り、生かしていきたいと思い、

読んでみました。

 

著者は、気配りを5つの要素に分け、それぞれのアンテナを高めることを推奨しています。

あなたなら「気配りの5つの要素」と聞かれたら何て答えますか?

 

著者安田正さんの説はこうです。

 

1.俯瞰する

2.共感する

3.論理を通す

4.サービス精神を持つ

5.尊重する

 

2、4、5はわかりやすいですが、1と3が気くばり力である、というのは、

言われてみるとそのとおりなのですが、なかなか気づきにくい観点だと思いました。

 

確かに気づかいをするには、背景、目的、人間関係、その人の性格などなど、総合的に

判断して臨む必要がありますね。

 

また、論理が成り立っていないと、??が消えず、安心感が得られないでしょう。

 

微差を埋めるべく、一つでも実践して身につけたいと思いました。

 


2019.06.02:Copyright (C) HASEGAWAs NOTE
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※投稿後すぐに反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

参加者数
 合計 8人
記事数
 公開 2,073件
 限定公開 0件
 合計 2,073件
アクセス数
 今日 1,214件
 昨日 1,525件
 合計 2,797,544件
powered by samidare
system:samidare community