【NBAファイナル】ラプターズ対ウォーリアーズに決定:壱岐産業

壱岐産業
【NBAファイナル】ラプターズ対ウォーリアーズに決定


NBAファイナル2019は、球団創設24年目で初進出となったトロント・ラプターズと

5年連続進出のゴールデンステート・ウォーリアーズの対決となりました。

 

ラプターズはイーストの第2シードで、ミルウォーキーバックス(第1シード)との

カンファレンスファイナルで2連敗の劣勢から4連勝で勝ち上がりチーム史上初

(カナダのチームとしても初)となるNBAファイナル進出。

 

一方、ウェストの第1シードのウォーリアーズはカンファレンス決勝を4連勝の“スイープ”で

勝ち上がり、NBA3連覇 “スリーピート” を目論んでいる。

 

レギュラーシーズンの成績がウォーリアーズ(57勝25敗)よりも、ラプターズ

(58勝24敗)の方が上なのでホームコートアドバンテージはラプターズとなり、

ここ4年と違いウォーリアーズはアウェイスタートとなる。

 

NBAファイナル第1戦は31日(現地30日)にラプターズの本拠地で行われる。

----1の順で、ホームコートを変えて4戦先勝で優勝となります。

 

私は、今回ラプターズを応援します。

ラプターズには、カワイ・レナードという素晴らしい選手がいます。

彼は、ここ数年 “常勝軍団” サンアントニオ・スパーズの中心選手として活躍し、チーム

スタイルでもあるディフェンスに定評がありましたが、今シーズン移籍したラプターズでは

オフェンスの中心選手として期待され、今プレーオフでは、スパーズでの経験を活かし

想像以上の活躍で存在感を見せつけました。

カンファレンスセミファイナルの対フィラデルフィア・76ers7戦の試合終了の

ブザーとともに放ったシュートはリングの上で4度バウンドし、リングに吸い込まれた

“ブザービーター” は、映画のワンシーンのようで、鳥肌が立ちました。

あまりスパーズ時代にガッツポーズをしなかったレナードが吼えて拳を挙げているシーンも

何度か見られたしひとつひとつのプレーの内容が素晴らしく、そしてチームが期待し、

求めていることをやり続けることが最も素晴らしく “プロフェッショナル” な選手です。

ここまで来たらチーム初優勝をして欲しいと思います。

 

ラプターズ対76ers7戦 ”ブザービーター” http://youtu.be/ChT3ewZXTfM

 


2019.05.29:Copyright (C) ARISAWAs NOTE
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※投稿後すぐに反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

参加者数
 合計 8人
記事数
 公開 2,073件
 限定公開 0件
 合計 2,073件
アクセス数
 今日 1,221件
 昨日 1,525件
 合計 2,797,551件
powered by samidare
system:samidare community