”叛逆老人”の神出鬼没!?…イ−ハト−ブの実現を目指して:はなめいと|岩手県花巻市のコミュニティ

はなめいと|岩手県花巻市のコミュニティ
”叛逆老人”の神出鬼没!?…イ−ハト−ブの実現を目指して


 

 「足下に何か、地殻変動みたいな予兆を感じる。そのシグナルは町いく人たちの、ちょっとした仕草の変化である。まさみちさんに向けられる身ぶり手ぶりがどんどん、大胆になっている。身震いするような感覚―。『イ−ハト−ブ』(夢の国)への第一歩を踏み出しているのかもしれない」―。先の市長選(1月23日)の前日、激戦の末に敗れた小原雅道さん(前市議会議長)を支援していた私はその高まる気持ちをブログにこう記した。得票数は20,792票で、当選した現職との差はわずか1,884票。この敗戦ショックからの脱出を助けてくれたのが宮沢賢治の「精神歌」だった。

 

 ♪日ハ君臨シ/カガヤキハ/白金ノアメ/ソソギタリ/ワレラハ黒キ/ツチニ俯(ふ)シ/マコトノクサノ/タネマケリ…日ハ君臨シ/カガヤキノ/太陽系ハ/マヒルナリ/ケハシキタビノ/ナカニシテ/ワレラヒカリノ/ミチヲフム♪―

 

 「20,792」―。この数字こそが分厚い雪の中を這いまわるようにして蒔(ま)かれたひと粒ひと粒の「マコトノクサノタネ」ではなかったかと思った。ふいに「種蒔(ま)く人」で知られる19世紀フランスの画家、ミレ−の姿が小原さんに重なった。そう、小原さんこそがイ−ハト−ブの「ミレ−」ではなかったのか、と…。いまが盛りの桜もやがては散り、本格的な新緑の季節がやってくる。ミレ−の作品は聖書のマタイ伝が下敷きになっているという。

 

 「ある日、種をまく人が、種まきに行った。まいているときに、1つの種は道端に落ちたが、鳥がそれを食べてしまった。また、別の種は石だらけで土の少ないところに落ち、一旦はすぐに芽を出した。ところが、土が少ないため充分な根っこを張ることができず、太陽が出てくると枯れてしまった。また、別の種はイバラの間に落ちたが、イバラが伸びて覆(おお)いふさいだので実を結ばなかった。ところが、別の種は耕(たがや)された良い土地に落ち、実を結んで、あるものは100倍、あるものは60倍、またあるものは30倍にもなった。耳のある人は聞きなさい」(マタイによる福音書第13章)

 

 さあ、「マコトノクサノタネ」の芽吹きを促す「春耕」の季節の到来である。「イ−ハト−ブの大地」に希望の花々が咲き乱れることを夢見て、私は畏れ多くもその“伝道師役”を買って出ようと思う。「叛逆老人は死なず/さらば、おまかせ民主主義」―こんなノボリを掲げた老骨がこれから先、あちこちに出没するはずである。でも、妖怪でもお化けでもありません。若干、足は引きずっていますが、ちゃんと二本足で立っています。見かけた時には遠慮なく、声をかけてください。「ケハシキタビ」の途次から今度こそ、「ヒカリノミチ」への確かな一歩を踏み出すために……

 

 

(写真は「マコトノクサノタネ」の萌芽を呼びかける辻説法用のノボリと私)

 

 

 

 


2022.04.21:Copyright (C) ヒカリノミチ通信|増子義久
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※管理者の承認後に反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 40人
記事数
 公開 3,144件
 限定公開 0件
 合計 3,144件
アクセス数
 今日 2,782件
 昨日 2,749件
 合計 14,084,144件
powered by samidare
system:samidare community