花巻市長選告示…ドキュメント「まさみちが往(い)く」〜選挙戦5日目(大寒選挙の風景):はなめいと|岩手県花巻市のコミュニティ

はなめいと|岩手県花巻市のコミュニティ
花巻市長選告示…ドキュメント「まさみちが往(い)く」〜選挙戦5日目(大寒選挙の風景)


 

 大寒入りした20日2時半すぎ、霊峰・早池峰山(大迫町)のふもとは突然の猛吹雪に見舞われていた。マイクを握るまさみちさんの頭はあっという間に“雪頭巾”になり、集まった約30人の支援者たちも屋根付きの建物の下に緊急避難。「ユネスコ文化遺産の神楽も元を正せば、自然への畏敬(いけい)から生まれた。この財産を地域再生のいしずえに」とまさみちさんが力説すると、全員が「ガンバロ−」の雄叫びを上げた。

 

 この日の“街宣”がスタ−トした直後の午前9時すぎ、石鳥谷八幡地内の農道で雪の中に脱輪している車を発見。2日前に続く2回目の救出作戦が始まった。まさみちさんを先頭に全員がダッシュ。スコップで雪をかきだし、みんなで押せども今回は脱出に失敗。「先があるので…」と言ったのは実は当方の口ではなく、相手だった。「スケジュ−ルが詰まっていると思う。選挙、がんばってください」と逆に激励された。

 

 体の芯が冷え切った。“救いの神”はこんな時を見計らったように現れるものである。「これもっていげ。熱いがらやけどするなよ」と近くの農家の夫婦がほっかほかの焼き芋を差し入れてくれた。「まで、沖縄にも出荷している自慢のコシヒカリだ。うめぞ」と今度は米袋を担いできた。まさみちさんも「あったかいご飯をいただきます」と選車のトランクに積み込んだ。「大寒」から逆襲を、いや恩恵を受けた若者がいた。

 

 「選挙運動って、こんなに厳しいものだとは想像できなかった」と立花悠さん(28)。花巻市内でタクシ−の運転手をしている。「若い世代の話にも耳を傾けるという候補者に共鳴した。でも、腕が凍りそうで…」―。ドア全開の先導車に初乗りした立花さんは今度はグ−タッチ攻勢にびっくり。「選挙って、人の心も動かすんですね。この一帯を“グ−タッチ”街道と名づけたいですね。22日の最終日まで年休を取って参加します」とニッコリ。

 

 

 

(写真はもうちょっとで、雪だるまになりそうなまさみちさん=12月20日午後、大迫町の大迫振興センタ−前で)

 

 

 

《追記》〜選挙応援デビューを飾った立花さん(コメント欄に写真)

 

 


2022.01.20:Copyright (C) ヒカリノミチ通信|増子義久
「大寒さん、ありがとう」

2022.01.20 [修正 | 削除]
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※管理者の承認後に反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 40人
記事数
 公開 3,144件
 限定公開 0件
 合計 3,144件
アクセス数
 今日 2,577件
 昨日 2,749件
 合計 14,083,939件
powered by samidare
system:samidare community