宮沢賢治賞・イ−ハト−ブ賞:はなめいと|岩手県花巻市のコミュニティ

はなめいと|岩手県花巻市のコミュニティ
宮沢賢治賞・イ−ハト−ブ賞


 第27回宮沢賢治賞とイ−ハト−ブ賞の授賞式が22日花巻市内で行われ、東京経済大学名誉教授で歴史家の色川大吉さん(92)がイ−ハト−ブ賞に選ばれた。また、インド・コルタカ市の「重症心身障がい児施設」で無償のボランティア活動を続けている澁谷りつ子さん、山形市を中心に賢治作品の合唱に取り組んできた「合唱団じゃがいも」にそれぞれ同賞奨励賞が贈られた。また、2年前に新設された「イーハトーブセンター」功労賞には賢治作品の鑑賞や追体験を続けている「雫石と宮沢賢治を語る会」が選ばれた。宮沢賢治賞は該当者が辞退したため、今回の受賞は見送られた。

 

 色川さんは明治期の民衆による憲法草案の発掘など民衆・精神史家として知られる。太平洋戦争当時、学徒動員令で入隊。この時の経験がその後の歴史家としての道を決めた。記念講演の中で、色川さんは賢治の『烏の北斗七星』に触れた。同世代の東大生、佐々木八郎(当時22歳)は敗戦の年の4月14日、特攻隊員として沖縄の海上で戦死した。この作品を引用して、佐々木は“遺書”をしたためている。「ああ、マヂエル様、どうか憎むことのできない敵を殺さないでいいように早くこの世界がなりますように、そのためならば、わたしのからだなどは、何べん引き裂かれてもかまいません」(『新版 きけ わだつみのこえ』所収)

 

 佐々木の思いに自分を重ねながら、色川さんはこう語った。「この言葉は当時の時代思潮とは明らかに矛盾していたのに、私の胸中深く沁みわたった。戦後、宮沢賢治は再注目され、何十万という愛読者を持ったが、その前兆は戦時中にあらわれていたのである」。私の手元に「歴史家の見た宮沢賢治」と題する講演録がある。22年前、色川さんが講演した記録である。こんなことが書かれている。

 

 「(賢治の作品は)花巻、岩手、イ−ハト−ヴォ、そしていきなり銀河系宇宙に飛んじゃうんですから…。反戦思想にはならないけれども、非戦思想の拠り所ではあったと思う」―。「非戦」こそが「反戦」に先行する…色川さんはそのことの大切さを教えたかったのだと思う。佐々木は“遺書”の結びにこう記している。「しかし僕の気持ちはもっとヒュ−マニスティックなもの、宮沢賢治の烏と同じようなものなのだ。憎まないでいいものを憎みたくない、そんな気持ちなのだ」

 

 色川さんの著作を愛読してきた一人として、一貫してぶれないその姿勢に背中を押される思いがした。

 

(写真は年齢を感じさせない迫力で話を進める色川さん=9月22日、JR花巻駅前のなはんプラザで)


この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※管理者の承認後に反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 40人
記事数
 公開 2,847件
 限定公開 6件
 合計 2,853件
アクセス数
 今日 1,619件
 昨日 4,497件
 合計 7,482,476件
powered by samidare
system:samidare community