動乱の時代へ…白昼テロの衝撃!?:はなめいと|岩手県花巻市のコミュニティ

はなめいと|岩手県花巻市のコミュニティ
動乱の時代へ…白昼テロの衝撃!?


 

 そのショッキングなニュ−スが飛び込んできたのは、今月24日の市議選に向けた、この日3回目の“辻立ち”(街頭での訴え)を終えた直後だった。この日も猛暑か続く8日、私は「『イ−ハト−ブ』の実現を目指す花巻有志の会」の設立代表人として、「いまこそ、郷土の詩人(宮沢)賢治のメッセ−ジを全世界に向けて発信する時ではないか」と汗だくになって絶叫していた。

 

 「安倍(晋三)元首相 銃撃される/心肺停止か 奈良で演説中/41歳男、殺人未遂容疑で逮捕」―。市中心部の住宅地での“辻立ち”を準備していた正午すぎ、手元のスマホがこの緊急ニュ−スを伝えた。一瞬、頭が真っ白になり、事態の重さに打ちのめされた。「たったいま、白昼テロという恐ろしいニュ−スに接しました」―マイクを握った私はまるで憑(つ)かれたように雄叫びを挙げていた。「賢治は『農民芸術概論綱要』の中で世界全体の平和を、そして詩『雨ニモマケズ』の中で弱者に寄り添うことの大切さを訴えました。まさに今回の事件はそのメッセ−ジの緊急性を示していると思います」…

 

 午後5時46分―。かたわらのテレビの速報が安倍元首相の死亡を伝えた。67歳の若さだった。脈絡のない混乱が頭を駆けめぐった。7波の襲来が確実なコロナ禍、戦火が拡大するウクライナ戦争、そして今回の凶行。世紀末、動乱…不吉な言葉がグルグルと去来した。今年の冬から始まった“選挙”の季節の移ろいを私は反芻(はんすう)していた。

 

 「有志の会」は今年1月の市長選の際、敗北した小原雅道・前花巻市議会議長を支援するための“勝手連”組織として、市議や震災被災者ら有志で結成された。会のスロ−ガン「銀河の郷、輝く未来へ」―を私はずっと、大事にしてきた。8回目のこの日最後の“辻立ち”を私はこう締めくくった。

 

 「さらば、おまかせ民主主義」、「叛逆老人は死なず」―。私は市議選に向けた決意の気持ちをこの二つに込めてきた。「この日のテロの報に接し、このスロ−ガンに込めた気持ちがますます、強くなってきました。他人まかせの政治や行政がどんな結果になるのか、そのことを思い知らされたように思います。だから、私はまだ死ぬわけにはいかないのです。隠居なんてしている暇はないんです」―。国の命運を決める参院選は2日後の10日、その1週間後には市議選の告示(24日投開票)が迫っている。

 

 

 

(写真は安倍元首相の凶行を伝える地元紙の号外とハンドマイクやノボリ、スポ−ツ飲料などの“辻立ち”必携の数々)

 

 


2022.07.08:Copyright (C) ヒカリノミチ通信|増子義久
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※管理者の承認後に反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 40人
記事数
 公開 3,157件
 限定公開 0件
 合計 3,157件
アクセス数
 今日 3,100件
 昨日 3,782件
 合計 14,302,480件
powered by samidare
system:samidare community