花巻市長選告示…ドキュメント「まさみちが往(い)く」〜選挙戦最終日:はなめいと|岩手県花巻市のコミュニティ

はなめいと|岩手県花巻市のコミュニティ
花巻市長選告示…ドキュメント「まさみちが往(い)く」〜選挙戦最終日


 

 今回の花巻市長選を“密着”取材しようと思ったのは、現場抜きの原稿はあり得ないという職業病(記者根性)のせいもあるが、何か予兆とか予感めいたものを感じたからでもある。その正体を知りたいと思った。

 

 「まさみち」さんこと、立候補者の小原雅道氏(61)の弁舌が選挙戦中盤から微妙に変化してきた。「市職員こそが車のエンジン」「ワンマンとリ−ダ−シップは違う」「どこでも、賢治さんを感じることができる町に」…。「公約」の棒読みから次第にアドリブが多くなってきたからである。「自分でもよく覚えていない」とまさみちさん。だから、本物なんだと私は納得した。仮衣装を脱ぎ、ひょいと素顔が表に飛び出した瞬間だった。無意識こそが“進化”をもたらすの謂(い)いである。

 

 素顔は素顔を呼ぶ−。終盤戦、周囲の状況にも次第に変化がみられるようになった。たとえば、「手振り」―。最初は手のひらを遠慮がちに動かすだけの仕草だったが、それが両手の動きに変わり、最後は大きな輪を描く「OK」マ−クに。まさみちさんに向けられる身ぶり手ぶりがどんどん、大胆になっていった。つまり、双方の距離が次第に狭くなっていくのを実感したのである。

 

 「予兆」とか「予感」はこうした変化の中から生まれた。私は市議2期目のスロ−ガンに「いざ、『イ−ハト−ブ』の建国へ」―を掲げた。いま考えて見ても、大層なお題目ではあるが、その建国事業がこの1週間の選挙戦の中で少し、実現に向けて動き出したと感じたのである。「イ−ハト−ブ」とは“夢の国”(ドリ−ムランド)を夢想した宮沢賢治の造語である。「子どもたちには夢を/若者には希望を/お年寄りには安心を」―。小原氏の政治理念は賢治が生涯、追い求めた「本当の幸せとは何か」というテーマと見事に通底している。花巻の未来を決するであろう、この大事業に実際に着手できるかどうか―23日に決まる。

 

 

 

 

(写真は赤ちゃんを抱く女性と話し込むまさみちさん。この笑顔の中に私はまさみちさんの“素顔”を見つけた=1月22日午後、花巻市南新田のきらきらモ−ルで)

 


2022.01.22:Copyright (C) ヒカリノミチ通信|増子義久
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※管理者の承認後に反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 40人
記事数
 公開 3,144件
 限定公開 0件
 合計 3,144件
アクセス数
 今日 2,528件
 昨日 2,749件
 合計 14,083,890件
powered by samidare
system:samidare community