“パワハラ”陳情は継続審査へ…花巻市議会、そして「蛇の道は蛇」というオチ(どんどはれ):はなめいと|岩手県花巻市のコミュニティ

はなめいと|岩手県花巻市のコミュニティ
“パワハラ”陳情は継続審査へ…花巻市議会、そして「蛇の道は蛇」というオチ(どんどはれ)


 

 「精神疾患数の増加の事実調査を」―。花巻市議会12月定例会に提出されていた陳情審査が10日開催の総務常任委員会(内館桂委員長ら7人)で行われ、陳情者の福田一馬さん(37)が参考人陳述をした結果、全会一致で継続審査とすることが決まった。福田さんは先月26日、「花巻市職員の精神疾患による病気休暇(休職)数の増加の事実調査を求める」―という内容の陳情書(11月30日付当ブログ参照)を提出、受理されていた。

 

 この日の陳述で福田さんは「過日の一般質問の答弁の中で、上田(東一)市長がこうした実態を一部認め、謝罪とも受け止められる言葉を口にしていた。私の知り合いの中にも、いわゆる“パワハラ”めいたことが原因で、退職を余儀なくされた人がいる。議会を通じて市側に事実調査を促し、一日も早く、職場環境の改善に努めてほしい」と述べた。これに対し、松田英基総合政策部長は「たしかに罹患者は増えているが、全国的にも同じ傾向にある。原因も複合的であり、特定するのは極めて困難だ」と従来の主張を繰り返した。

 

 「プライバシ−に関わることであり、事実関係を究明するのは難しいのではないか、」「基本的には労使間の問題」…などの意見が委員の間で相次いだが、「今後、職場の上司や専門の医師、弁護士など幅広い意見を聞く必要がある」という合意が成立し、全員が継続審査に同意した。

 

 

 

 

(写真は傍聴者が詰めかけた中で行われた陳情審査。奥に座っているのが福田さん=12月10日午前、花巻市役所で)

 

 

 

《追記》〜蛇の道は蛇

 

 12月9日付当ブログ「地獄の沙汰も金次第」で、まるで“買収行為”まがいの過払い金の返還のことを伝えたが、本日(10日)午後になって花巻市役所建設部の職員2人が文中に紹介した日出忠英さんの元を訪れ、今回の不手際を詫びる文書を手渡したという。一方で、傍らのテレビは先の総選挙で落選後、「内閣官房参与」に就任した石原伸晃・元自民党幹事長がコロナ禍に伴う「雇用調整助成金」を受け取っていた責任を取って、辞任したというニュ−スを流している。「蛇の道は蛇」とはよく言ったもの。“金目”は“金目”で命を奪われるという理(ことわり)である。

 


2021.12.10:Copyright (C) ヒカリノミチ通信|増子義久
この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※管理者の承認後に反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 40人
記事数
 公開 3,201件
 限定公開 0件
 合計 3,201件
アクセス数
 今日 2,405件
 昨日 2,652件
 合計 15,099,927件
powered by samidare
system:samidare community