縄文の地にアイヌの祈り…:はなめいと|岩手県花巻市のコミュニティ

はなめいと|岩手県花巻市のコミュニティ
縄文の地にアイヌの祈り…



 「おいしいお酒(ピリカトノト)を贈ります。どうぞ、今日の祭典が無事に終わりますように、神の国から降りてきてお守りください」―。8日夜、山岳信仰のメッカ、栗駒山系の祭畤(まつるべ)山(一関市厳美町)のふもとにアイヌの祈りの言葉が流れた。地元住民などでつくる「祭畤山・縄文焔(ほのお)祀り実行委員会」が企画したイベントに敬愛するアイヌのエカシ(長老)、浦川治造さん(78)が祭主として、招かれた(7月20日付当ブログ「アイヌ ネノ アン アイヌ」参照)。台風5号の接近が伝えられる中、押っ取り刀で駆けつけた。

 20世紀末、祭畤山(標高990叩砲了劃困傍霎个鮴僂濔紊欧拭⊂詈匹鯡呂靴燭茲Δ壁垰弋弔淵皀縫絅瓮鵐箸発見された。「縄文の神々を祀(まつ)った神聖な場所ではないか」と言われ、約8千年前の土器の破片も見つかっているが、詳しいことは分っていない。道すがらの国道342号線沿いには2008年6月の岩手・宮城内陸地震で崩落した祭畤大橋(全長94叩幅9叩砲「災害遺構」として、当時のまま保存されている。すぐ近くに、天変地異(自然)の脅威を教えてくれる現場があるというのも何か不思議な因果である。

 小雨が降りしきる中、かがり火を囲んで踊りの輪が広がった。カムイノミ(神への祈り)とイチャルパ(先祖供養)の儀式が進んだ時、懐かしい顔を見つけた。浦川さんの実姉で、詩人や古布絵本作家としても知られる宇梶静江さん(83)―。45年前、「ウタリたちよ、手をつなごう」という投書が朝日新聞に載った。「ウタリ」とはアイヌ語で、「仲間」を意味する。都会の雑踏の中で差別に苦しむ仲間たちに団結を呼びかけ、翌年、「東京ウタリ協会」(現関東ウタリ会)を結成。その会長として、差別からの解放運動の先頭に立った。この運動の功績が認められ、2011年には吉川英治文化賞を受賞した。長男の剛士(たかし)さん(54)は個性派俳優として、映画や舞台で活躍する。静江さんがニッコリ笑って声をかけてくれた。「何十年ぶりかしら。元気だった?。カムイ(神)が引き合わせてくれたのよ」―。やさしい語り口は昔のままだった。

 「本州初/アイヌの刻印」(8月2日付「岩手日報」)―。こんな見出しの記事が目に止まった。戦国大名・南部氏が15〜16世紀に青森県全域から盛岡周辺まで支配した際に拠点を置いたとされる城「聖寿寺館」跡(青森県南部町)で、アイヌ民族の刻印が付いた皿の破片が見つかった。アイヌが自らの所有物であることを示すために刻んだとされる「シロシ」と呼ばれるばつ(×)印が裏側に彫られており、本州での出土例は初めて…。北海道大アイヌ・先住民研究センタ−の加藤博文教授(考古学)はこう解説していた。「中世の東北北部でアイヌがどのように暮らしていたか解明されていない。北海道南部だけでなく、本州でもアイヌが武士社会に組み込まれて生活していたことを示す貴重な資料だ」

 宇宙のカムイ、太陽のカムイ、月のカムイ、地球のカムイ、雨のカムイ、雪のカムイ。そして、植物や動物などあらゆる生き物…。浦川エカシが森羅万象(しんらばんしょう)の神々に語りかけた。連綿と続く縄文とアイヌの世界観がす〜っと溶け込んでいくような気持ちになった。山頂の造形物は神殿風が高さ3・5叩長さ150叩∩按輊が南北22・3叩東西8辰傍擇屬海箸分っている。北海道には同じような台形状の山頂に「カムイミンタラ」と呼ばれる地名がある。「神々が遊ぶ庭」という意味である。とっぷりと暮れた闇の遥か向こうに、そんなカムイたちの姿がぼ〜っと浮かんだように思った。アイヌ民族初の国会議員で、アイヌ文化研究者の故萱野茂さんがニヤニヤしながら、ふと口にした言葉を思い出し、こっちも思わずニヤニヤしてしまった。

 「女神が神の国から降りてきて、ハダカの舞をするところ、それがカムイミンタラだというウエペケレ(昔話)がある。まあ、女神たちのストリップ劇場というところかな。男性は絶対に足を踏み入れてはいけないと言われていたが、ある男性が誘惑にかられて見入ってしまい、忘れられなくなって病気になったという昔話もあるよ」


(写真はカムイに祈りを捧げる宇梶静江さん。手前の「サパウンペ」(冠)と呼ばれる飾り物を頭部に巻いた男性が浦川エカシ=8日、岩手県一関市厳美町で)




この記事へのコメントはこちら
題名


本文


作成者


URL


画像

編集用パスワード (半角英数字4文字)


 ※管理者の承認後に反映されます。
ゲストさんようこそ
ID
PW

 合計 40人
記事数
 公開 2,847件
 限定公開 6件
 合計 2,853件
アクセス数
 今日 1,554件
 昨日 4,497件
 合計 7,482,411件
powered by samidare
system:samidare community